【Excel】今日の日付を自動で取得する(TODAY関数)

ExcelのTODAY関数の使い方について具体例を交えて説明します。

書式

TODAY()

関数と引数の説明

現在の日付のシリアル値を返します。TODAY関数を用いた日付は以下の場合に更新されます。

  • ファイルを開いたとき
  • 印刷するとき
  • F9キーを押したとき

引数はありません。

使用例

以下が使用例になります。

表示形式による見え方の違い

以下の例は今日が2019年2月17日のときの例です。

ABC
1取得したい内容出力結果計算式
2表示形式が「日付」(短い日付形式)の場合
「=TODAY()」と打つと表示形式は日付に変わります。
2019/2/17=TODAY()
3表示形式が「日付」(長い日付形式)の場合2019年2月17日=TODAY()
4表示形式が「日付」(2012-3-14 形式)2019-02-17=TODAY()
5表示形式が「日付」(2012/3/14 13:30 形式)2019/2/17 0:00=TODAY()
6表示形式が「時刻」の場合
時刻情報はないので右記のようになる
0:00:00=TODAY()
7表示形式が「数値」の場合
シリアル値が表示される
43513=TODAY()

他の関数と組み合わせて使った例

以下の例は今日が2019年2月17日のときの例です。

ABC
1今日
22019/2/17
3
4取得したい内容出力結果計算式
5今日の西暦を取得する2019=YEAR(TODAY())
6今日の月を取得する2=MONTH(TODAY())
7今日の日を取得する17=DAY(TODAY())
8今日から1週間後の日付を取得する2019/2/24=TODAY()+7
9今日から1か月後の日付を取得する2019/3/17=EDATE(TODAY(),1)
10今日から1か月前の日付を取得する2019/1/17=EDATE(TODAY(),-1)
112018/1/1から今日までの期間(年)を取得する1=DATEDIF(“2018/1/1″,TODAY(),”Y”)
122018/1/1から今日までの期間(月)を取得する13=DATEDIF(“2018/1/1″,TODAY(),”M”)
132018/1/1から今日までの期間(日)を取得する412=DATEDIF(“2018/1/1″,TODAY(),”D”)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました