【Excel】文字列内の半角(1バイト)文字を全角(2バイト)文字に変換する(JIS関数)

ExcelのJIS関数の使い方について具体例を交えて説明します。

書式

JIS(文字列)

関数と変数の説明

指定した文字列内にある半角(1バイト)文字を全角(2バイト)文字に変換するした値を返します。

  • 文字列(必須項目):変換したい文字列を指定します。
  • 256文字以上の文字列はエラーとなります。指定すると#VALUE!が返ってきます。
JIS関数の逆パターンである全角文字を半角文字に変換したい場合はASC関数を利用します。

使用例

以下が使用例になります。

ABC
1対象文字列JIS関数の出力結果計算式
2マイクロソフトマイクロソフトマイクロソフトマイクロソフト=JIS(A2)
3ExcelExcelExcelExcel=JIS(A3)
4半角スペース「 」半角スペース「 」=JIS(A4)
5全角スペース「 」全角スペース「 」=JIS(A5)
61,0001000=JIS(A6)
7文字列の「1,000」文字列の「1,000」=JIS(A7)

6行目の「1,000」は数値です。数値を変換すると文字列の「1000」が返ってきます。たとえ数値で表示上カンマが入っていても、表示上だけの話なので、結果は「1000」となります。

7行目の「文字列の「1,000」」は文字列として「1,000」があった場合の結果です。文字列なのでカンマは表示上だけではなく、文字列として存在するため、「,」は「,」に変換されて返ってきます。

類似関数

  • ASC関数(全角英数カナ文字(2バイト)を半角英数カナ文字(1バイト)に変換する)

コメント

タイトルとURLをコピーしました