【Excel】文字列の末尾 (右端) から指定された文字数を取得する方法(RIGHT関数)

ExcelのRIGHT関数の使い方について具体例を交えて説明します。

書式

RIGHT(文字列, [文字数])

※ []内の引数は任意の項目です。

関数と変数の説明

文字列の末尾から指定された文字数分の文字を返します。

  • 文字列(必須項目):取り出す文字を含む文字列を指定します。
  • 文字数(任意項目):末尾から何文字切り出すかを指定します。指定しない場合は「1」として計算されます。0を指定すると何も返ってきません(空が返る)。マイナスの値を指定すると、「#VALUE!」を返します。
変数[文字数]は1バイト文字(半角英数字)も 2バイト文字(日本語)に関わらず、1文字として扱います。
バイト数で指定したい場合はRIGHTB関数を使用します。

使用例

以下が使用例になります。

ABC
1対象文字列
2マイクロソフト
3
4取得したい内容出力結果計算式
51.末尾から1文字を取得する(変数省略時)=RIGHT(A2)
62.末尾から1文字を取得する(変数指定あり)=RIGHT(A2,1)
73.末尾から100文字取得するマイクロソフト=RIGHT(A2,100)
84.末尾から4文字を取得するロソフト=RIGHT(A2,4)
95.取得する文字数が0の場合=RIGHT(A2,0)
106.取得する文字数がマイナスの場合#VALUE!=RIGHT(A2,-1)

「1.末尾から1文字を取得する(変数省略時)」のケースは文字数変数を省略したときの出力結果です。文字数が省略されたときは文字数は1で計算されるため、「2.末尾から1文字を取得する(変数指定あり)」と同じ結果になります。

「3.末尾から100文字取得する」のケースでは対象となる文字列が7文字しかない場合に末尾から文字数100文字取得をしています。対象となる文字列の文字数 < 取得する文字数の場合ですね。その時は特に何のエラーも返さず、対象となる文字列すべてが返ってきます。

「4.末尾から4文字を取得する」のケースが一般的なケースとなります。末尾から文字数4を取得するので「ロソフト」が返ってきます。

「5.取得する文字数が0の場合」は何も返ってきません(空が返る)。

「6.取得する文字数がマイナスの場合」のケースは誤って文字数がマイナスの値の場合です。その場合は「#VALUE!」が返ってきます。

類似関数

コメント

タイトルとURLをコピーしました