【Excel】期間(何年、何か月、何日)を求める(DATEDIF関数)

ExcelのDATEDIF関数の使い方について具体例を交えて説明します。

書式

DATEDIF(開始日,終了日,単位)

関数と変数の説明

開始日終了日の2つの日付の間の日数、月数または年数を返します。年齢や期間を計算するのに利用します。

  • 開始日(必須項目):期間の最初の日付または開始日を指定します。指定の仕方は”2018/1/1″、”2018年1月1日”やシリアル値です。
  • 終了日(必須項目):期間の最後の日付または完了日を指定します。指定の仕方は”2018/1/1″、”2018年1月1日”やシリアル値です。
  • 単位(必須項目):返される情報の種類を指定します。詳細は以下を参照してください。
開始日 > 終了日の場合、結果は「#NUM!」となります。

指定する単位の種類と意味

単位意味
“Y”期間の年数を返します。
“M”期間の月数を返します。
“D”期間の日数を返します。
“MD”月と年を考慮せず、日数を返します。
“YM”年数と日数は考慮せず、月数を返します。
“YD”年数は考慮せず、日数を返します。
引数”MD”は負の値、ゼロ、または不正確な結果を返すことがあるので、使用しない方が無難です。

使用例

以下が使用例になります。

ABCDE
1内容開始日終了日結果計算式
2年数を返す(3年と364日)2015/1/12018/12/313=DATEDIF(B2,C2,”Y”)
3年数を返す(ちょうど4年)2015/1/12019/9/14=DATEDIF(B3,C3,”Y”)
4月数を返す(54か月と31日)2015/1/12019/7/3154=DATEDIF(B4,C4,”M”)
5月数を返す(ちょうど55か月)2015/1/12019/8/155=DATEDIF(B5,C5,”M”)
6日数を返す2015/1/12019/8/11673=DATEDIF(B6,C6,”D”)
7月と年を考慮せず、日数を返す2015/1/12019/8/10=DATEDIF(B7,C7,”MD”)
8月と年を考慮せず、日数を返す2015/1/12019/8/109=DATEDIF(B8,C8,”MD”)
9年と日は考慮せず、月数を返す2015/1/12019/8/107=DATEDIF(B9,C9,”YM”)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました