【Excel】数値を指定した桁数で切り捨てした値を取得する(TRUNC関数)

ExcelのTRUNC関数の使い方について具体例を交えて説明します。

書式

TRUNC(数値, 桁数)

関数と変数の説明

数値を指定した桁数で切り捨てした値を返します。

  • 数値(必須項目):切り捨ての対象となる数値を指定します。
  • 桁数:数値の切り捨てを行った後の桁数を指定します。
桁数0を指定した場合に関して
数値が正の値の場合はINT関数と同じ結果となります。負の数値の場合はINT関数と異なる結果が返ってきます。詳細は「TRUNC関数とINT関数とROUNDDOWN関数の違い」を参照ください。

使用例

以下が使用例になります。

正の数値の場合

ABC
1対象数値
251.567
3
4取得したい内容出力結果計算式
51.少数を切り捨て(桁数省略)51=TRUNC(A2)
62.少数を切り捨て51=TRUNC(A2,0)
73.少数点第一位より後を切り捨て51.5=TRUNC(A2,1)
84.少数点第四位より後を切り捨て51.567=TRUNC(A2,4)
95.一の位を切り捨て50=TRUNC(A2,-1)
106.十の位を切り捨て0=TRUNC(A2,-2)
117.百の位を切り捨て0=TRUNC(A2,-3)

「6.十の位を切り捨て」、「7.百の位を切り捨て」のように対象とする数値と同じ桁数以上の桁数を指定すると0が返ってきます。

負の数値の場合

ABC
1対象数値
2-51.567
3
4取得したい内容出力結果計算式
51.少数を切り捨て(桁数省略)-51=TRUNC(A2)
62.少数を切り捨て-51=TRUNC(A2,0)
73.少数点第一位より後を切り捨て-51.5=TRUNC(A2,1)
84.少数点第四位より後を切り捨て-51.567=TRUNC(A2,4)
95.一の位を切り捨て-50=TRUNC(A2,-1)
106.十の位を切り捨て0=TRUNC(A2,-2)
117.百の位を切り捨て0=TRUNC(A2,-3)

正の数値と同様に「6.十の位を切り捨て」、「7.百の位を切り捨て」のように対象とする数値と同じ桁数以上の桁数を指定すると0が返ってきます。

TRUNC関数は少数を切り捨てる場合、INT関数と同じような振る舞いをします。しかし、数値が負の場合、返ってくる値が異なります。上記の場合、INT関数では「-52」が返ってきます。詳細は「TRUNC関数とINT関数とROUNDDOWN関数の違い

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました